EXHIBITIONS

コートールド美術館展 魅惑の印象派

エドゥアール・マネ フォリー=ベルジェールのバー 1882 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ピエール=オーギュスト・ルノワール 桟敷席 1874 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ポール・セザンヌ カード遊びをする人々 1892-96頃 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ポール・ゴーガン テ・レリオア 1897 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

フィンセント・ファン・ゴッホ 花咲く桃の木々 1889 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

クロード・モネ アンティーブ 1888 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

コートールド美術館 外観

コートールド美術館 内観

サミュエル・コートールド 肖像写真

 イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂「コートールド美術館」の名作が一挙に来日する。

 コートールド美術館は、卓越した審美眼を持った実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に開館。ロンドン大学の美術研究所創設とともに誕生した同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関としても機能している。

 本展では、美術館のコレクションより、エドゥアール・マネの最晩年の傑作《フォリー=ベル ジェールのバー》や、ピエール=オーギュスト・ルノワールが第1回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、ポール・セザンヌの《カード遊びをする人々》、ポール・ゴーギャンの《ネヴァーモア》など選りすぐりの絵画と彫刻約60点を一堂に展示。コートールド美術館の研究機関という側面にも注目し、美術史研究や科学的調査の成果を取り入れながら、それぞれの作品を読み解く。