EXHIBITIONS

ESPlab / The Consensus

AI KOKO GALLERY|06.27 - 08.09

© ESPlab

「ESPlab」は、プロダクト実装を通じてブロックチェーンエンジニアとアートマネージャーの交流を図ることを目的とした、スタートバーン株式会社の社内組織。本展ではESPlabの特性を生かし、ブロックチェーンの技術を要素に持つ「ビットコイン」を美術作品として実装する初の試みを行う。

 サイモン・デニー《Blockchain Visionaries》(2016)など、ビットコインを主題とする美術作品はこれまでいくつか発表されてきた。しかしESPlabの見解では、その多くがビットコインがもたらす将来の社会変化を示唆しており、集権的な管理者が存在しないネットワーク上での合意形成の手法に焦点を当てた作品は少ないという。

 そこではESPlabは本展で、現代美術とビットコイン双方で議論されるこの合意形成の文脈を接合し、現代美術の定義に関する意見表明をチェーン状に投稿し合うゲームを作成する。
 
 ゲームの手順は、来場者が所定のテンプレートに従いながら、現代美術の定義に対する意見表明(ブロック)を行い、既存の意見表明の中からひとつを選択(親ブロック)。このプロセスを会期終了まで繰り返し、最長となったチェーンを美術的価値の議論に関する正統な文脈とみなす。そして最終的に、正統な文脈につらなるブロックの作成者たちに対して、同じ文脈を活用した報酬を提供するという。