• HOME
  • EXHIBITIONS
  • メアリー・エインズワース浮世絵コレクション
EXHIBITIONS

オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

ー初期浮世絵から北斎・広重まで

静岡市美術館|06.07 - 07.27

歌川国芳 大物浦平家の亡霊 アレン・メモリアル美術館蔵

葛飾北斎 冨嶽三十六景 凱風快晴 アレン・メモリアル美術館蔵

歌川広重 東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪 アレン・メモリアル美術館蔵

歌川広重 名所江戸百景 大はしあたけの夕立 アレン・メモリアル美術館蔵

喜多川歌麿 美人気量競 五明楼 花扇 アレン・メモリアル美術館蔵

東洲斎写楽 二代目小佐川常世の一平姉おさん アレン・メモリアル美術館蔵

 メアリー・エインズワースは、アメリカでも早くから浮世絵の収集を始めた女性コレクター。約25年にわたり集めた1500点以上の浮世絵版画は、母校・オーバリン大学(アメリカ・オハイオ州)のアレン・メモリアル美術館に所蔵されている。

 明治39(1906)年、エインズワースの来日をきっかけに集められたコレクションは貴重な初期浮世絵も多く、なかには世界で1点しか知られていない作品も含まれている。またコレクションの過半数を占める歌川広重、世界的にも人気の高い葛飾北斎のほか、菱川師宣や鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽ら「六大浮世絵師」が揃い、浮世絵の歴史をたどることもできる。しかし、当時から目利きの米国女性として知られながら、同コレクションはこれまでアメリカでも紹介される機会はほとんどなかった。

 本展では、メアリーが愛した春信、歌麿、写楽、北斎、広重が初めての里帰り。珠玉の200点でコレクションの全容を紹介する。