AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

カルティエ、時の結晶

リング カルティエ、2013 ゴールド、ダイヤモンド、ブラックラッカー

個人蔵 Yuji Ono © Nikkei_Cartier 2019

ブレスレット カルティエ、2017 ゴールド、ダイヤモンド、ロッククリスタル

個人蔵 Vincent Wulveryck © Cartier

ネックレス カルティエ、2018

ゴールド、ダイヤモンド、エメラルド、スピネル、ガーネット、ターコイズ、オニキス

個人蔵 Vincent Wulveryck © Cartier

「2本のフェーン(シダ)の葉」ブローチ カルティエ パリ、1903 プラチナ、ダイヤモンド

カルティエ コレクション Nils Herrmann, Collection Cartier © Cartier

ブレスレット カルティエ、2014

ゴールド、ダイヤモンド、オニキス、エメラルド

個人蔵 Vincent Wulveryck © Cartier

大型の「ポルティコ」ミステリークロック カルティエ パリ、1923

ゴールド、プラチナ、ロッククリスタル、ダイヤモンド、 カボションカット コーラル、オニキス、ブラックエナメル

カルティエ コレクション Marian Gérard, Collection Cartier © Cartier

 1847年にフランス・パリで創業した由緒あるジュエリーブランド「カルティエ」。そのコレクションは1989年以降、日本を含む世界各地の主要美術館において、主に歴史的な作品が取り上げられてきた。
 
 本展は、「時の結晶」をテーマに、「カルティエ コレクション」において1970年代以降に制作された現代作品に焦点を当てる世界初の試み。「時間」を軸に、「色と素材」「フォルムとデザイン」「ユニヴァーサルな好奇心」の3章で、カルティエの革新性、現代性、独自性に満ちたデザインの世界と、その創作の歴史を紹介する。
 
 会場構成を手がけるのは新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之。「旧素材こそもっとも新しい」という理念のもと、伝統的な職人の技術と最新技術とを融合させる2人が、「時」を意識し回遊する展示空間をつくり出し、新たな鑑賞体験を提示する。