EXHIBITIONS

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019

京都府京都文化博物館 別館 / 京都新聞ビル 印刷工場跡|03.02 - 03.03

前回の会場風景 撮影=前端紗季

前回の会場風景 撮影=前端紗季

高木智子 2つの女の子

京都文化博物館

京都新聞ビル 印刷工場跡

 2018年2月に初開催された「ARTISTS’ FAIR KYOTO」は、重要文化財の京都を代表する明治建築を舞台に、国内外で活躍する旬なアーティストと、その推薦で出品する注目の若手アーティストたちが一堂に会する現代美術のアートフェア。ブースを設けず一体感のある空間に作品をちりばめて展示し、アーティスト自らが販売するこれまでにないスタイルで注目を集めた。

 今回も椿昇がディレクションを務め、アドバイザリーボードには、池田光弘、薄久保香、大庭大介、金氏徹平、加茂昂、塩田千春、髙橋耕平、鶴田憲次、名和晃平、宮永愛子、矢津吉隆、ヤノベケンジ、Yottaと、第一線で活躍するアーティスト13名を迎える。

 今年は新しい才能を発掘する公募部門を新設し、推薦・公募によって選ばれた20代~30代の若手アーティスト43組を中心に、アドバイザリーボードからの応援出品を含む200点以上が集う。加えて、日本とインドから招待する新進作家、サヘジ・ラハールと笹岡由梨子の2名による競演も見どころのひとつとなる。

 会場は、「京都府京都文化博物館 別館」に加えて、「京都新聞ビル 印刷工場跡」と2会場に拡張し開催。伝統から革新を生み出してきた京都で「Singularity of Art」をコンセプトに掲げ、次世代のアーティストがサスティナブルに、そして創造性豊かに文化創造を行うことができる場の育成を試みる。

若手アーティスト43組 ※()内は推薦アーティスト、または公募選出者
阿児つばさ(矢津吉隆)、淺井真至(加茂昂)、厚地琴美(池田光弘)、飯田美穂(薄久保薫)、家田実香(薄久保薫)、石黒健一(ヤノベケンジ)、石原梓(塩田千春)、今西真也(椿昇)、岡村よるこ(公募)、表良樹(宮永愛子)、片山達貴(髙橋耕平)、加藤笑平(加茂昂)、香月美菜(椿昇)、黒宮菜菜(鶴田憲次)、顧剣亨(椿昇)、小林椋(金氏徹平)、小宮太郎(大庭大介)、西條茜(矢津吉隆)、酒井貴史(加茂昂)、澤田華(髙橋耕平)、品川亮(椿昇)、城愛音(公募)、新宅加奈子(名和晃平)、神馬啓佑(大庭大介)、高木智子(椿昇)、高野浩揮(名和晃平)、谷垣華(公募)、長尾鴻平(池田光弘)、中村ヒカル(名和晃平)、西太志(鶴田憲次)、西垣肇也樹(公募)、西上翔平(金氏徹平)、西村大樹(公募)、広瀬菜々&永谷一馬(塩田千春)、檜皮一彦(Yotta)、堀川すなお(塩田千春)、前田耕平(矢津吉隆)、宮原野乃実(公募)、本山ゆかり(金氏徹平)、柳瀬安里(髙橋耕平)、ヤマウチショウタ(Yotta)、油野愛子(薄久保薫)、和田直祐(椿昇)