• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 北斎―永田コレクションの全貌公開〈序章〉
EXHIBITIONS

開館20周年記念展

北斎―永田コレクションの全貌公開〈序章〉

島根県立美術館|02.08 - 03.04, 03.06 - 03.25

葛飾北斎 冨嶽三十六景 凱風快晴 島根県立美術館蔵 前期展示

葛飾北斎 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 島根県立美術館蔵 後期展示

葛飾北斎 肉筆画帖(塩鮭と鼠) 島根県立美術館蔵 後期展示

 『北斎漫画』や《冨嶽三十六景》を代表作に、役者絵、美人画、武者絵、花鳥画、絵手本など浮世絵のあらゆる分野で優品を残した葛飾北斎。つねに自己の変革を求めて生涯で多くの画号を用い、狩野派や琳派、西洋画に学んだ幅広い絵画様式で西洋の芸術家たちに清新な刺激を与えた。

 本展は、北斎研究の第一人者・永田生慈が蒐集した北斎に関する「永田コレクション」が島根県に寄贈されたことを記念し、初摺の逸品や希少な肉筆画など、コレクションより主要作品を披露する。

 「永田コレクション」は、北斎の青年期から晩年期までの各期の摺物、版本、肉筆画を収め、世界に1点または数点しかない貴重な作品を多く含む。島根県立美術館では、今後およそ10年をかけてこの壮大なコレクションを調査し、数回の展覧会を通してその全貌を公開していく予定だ。