EXHIBITIONS

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

東京都美術館|02.09 - 04.07

曽我蕭白 雪山童子図 一幅 明和元年(1764)頃 三重・継松寺蔵

伊藤若冲 梔子雄鶏図 一幅 個人蔵

長沢芦雪 猿猴弄柿図 一幅 個人蔵

伊藤若冲 紫陽花双鶏図 一幅 米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション

伊藤若冲 象と鯨図屛風(右隻) 六曲一双 寛政9(1797)年 滋賀・MIHO MUSEUM蔵

伊藤若冲 象と鯨図屛風(左隻) 六曲一双 寛政9(1797)年 滋賀・MIHO MUSEUM蔵

 美術史家・辻惟雄が1970年に刊行した『奇想の系譜』は、それまでまとまって書籍や展覧会で紹介されたことがなかった、自由で斬新な発想の絵画の数々を紹介した。それからおよそ半世紀、かつて江戸時代絵画史の傍流とされてきた画家たちが、現代に通じる革新性によって熱狂的とも言える人気を集めている。

 本展は、『奇想の系譜』に基づく、「江戸時代の奇想の絵画」の決定版。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8名の代表作が一堂に会し、豊かな想像力に満ちた江戸絵画の魅力と、新たな「奇想の系譜」を発信する。

 出品作は重要文化財を多数含み、若冲の《梔子(くちなし)雄鶏図》《鶏図押絵貼屏風》や芦雪《猿猴弄柿(えんこうろうし)図》など新発見や初公開作も。さらに、キャサリン&トーマス・エドソンコレクション(アメリカ)から初の里帰りを果たす、其一の《百鳥百獣図》も見どころのひとつとなる。