EXHIBITIONS

CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる

大堀相馬焼167のちいさな豆皿

クリエイションギャラリー G8、ガーディアン・ガーデン|11.27 - 12.22

展覧会イメージ

展覧会イメージ

展覧会ちらし

 クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンがチャリティープロジェクトを開催。大堀相馬焼の3つの窯元の協力のもと、167人のクリエイターがデザインした167種類の豆皿を展示・販売し、収益金をセーブ・ザ・チルドレンに寄付する。

 大堀相馬焼は、江戸時代元禄期から続く福島県浪江町の伝統工芸品。東日本大震災の影響から、窯元たちは福島県内の別の地域に拠点を移して窯を新調し、愛知県瀬戸市の瀬戸土を用いて製作を再開した。

 本プロジェクトの参加作家は、永井一正、大原大次郎、菊地敦己、日比野克彦、ひびのこづえ、宇野亞喜良、山口はるみ(クリエイションギャラリーG8)、影山紗和子、雨宮庸介、飯田竜太、平田尚也、山本悠、とんぼせんせい(ガーディアン・ガーデン)ほか多数。今年7年ぶりに町内で開校した福島県浪江町立なみえ創成小・中学校で行われたワークショップで、子供たちが考案した豆皿もともに並ぶ。

 会場構成をNO ARCHITECTS、音楽を蓮沼執太が担当。ろくろ職人が手作業で豆皿一つひとつを成形する様子を撮影した写真の展示や、大堀相馬焼の特徴でもある、窯で皿を冷ます際に聞こえる貫入音が会場内に流れる。