• HOME
  • 展覧会
  • 静岡
  • 信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天…
EXHIBITIONS

リニューアル記念特別展

信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ

MOA美術館|10.04 - 11.03

杉本博司 螺旋階段 II、ヴィラ・ファルネーゼ、カプラローラ 2016 © Hiroshi Sugimoto Courtesy of Gallery Koyanagi

洋人奏楽図屏風 桃山時代 16世紀 MOA美術館蔵 重要文化財

織田信長 自筆感状 天正5(1577)年 永青文庫蔵

織田信長像 古溪宗陳賛 天正11(1583)年 神戸市立博物館蔵 重要文化財

唐物肩衝茶入 銘 初花(大名物) 中国 南宋~元時代 13〜14世紀 公益財団法人德川記念財団蔵

 2017年2月5日に杉本博司と榊田倫之の主宰する「新素材研究所」の建築意匠によって装いを新たにしたMOA美術館。リニューアル開館を記念して、17年秋にニューヨークのジャパン・ソサエティーで開催された展覧会「Hiroshi Sugimoto: Gates of Paradise」の出品作《クアトロ・ラガッツィ》を日本初公開する。

 「クアトロ・ラガッツィ」は1582年にローマ教皇のもとに派遣された4人の天正少年使節を指し、西洋美術史家・若桑みどり著『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)の書名に因んでいる。

 本作のほか、天正少年使節に関する資料やキリシタンの美術と工芸、そして近世日本を切り開いた織田信長に関わる作品を紹介。華やかな桃山時代の文化と美術を概観する。