EXHIBITIONS

パリ ポンピドゥーセンター

キュビスム展―美の革命

ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ

2024.03.20 - 07.07

ロベール・ドローネー《パリ市》 1910-1912年
Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne - Centre de création industrielle (Achat de l’ État, 1936. Attribution, 1937) © Centre Pompidou, MNAM-CCI/Georges Meguerditchian/Dist. RMN-GP

 「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」が京都市京セラ美術館へ巡回する。

 西洋美術の歴史に大きな変革をもたらしたキュビスム。1908年、ブラックの風景画が「キューブ(立方体)」と評されたことに由来するこの手法は、西洋絵画の伝統的な技法であった遠近法や陰影法による三次元的な空間表現から脱却し、幾何学的に平面化されたかたちによって画面を構成する試みだった。さらにキュビスムは、絵画や彫刻の表現を根本から変えることにより、抽象 芸術やダダ、シュルレアリスムへといたる道も開いていく。

 本展は、世界屈指の近現代美術のコレクションを誇るパリ・ポンピドゥー・センターよりキュビスムの歴史を語るうえで外せない名作が多数来日。そのうち50点以上が日本初出品となる。主要作家約40人による絵画をはじめ、彫刻、素描、版画、映像、資料など約130点が展示される。