AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

Group Show 崔在銀、フランシス真悟、伊庭靖子、志水児王

2024.01.20 - 03.09
 MISA SHIN GALLERYで「Group Show 崔在銀、フランシス真悟、伊庭靖子、志水児王」が開催されている。

 フランシス真悟の「Daily Drawing」は、コロナ禍で都市間の移動が困難になった時期にロサンゼルスのスタジオで毎日欠かさずメディテーションのように描くことを自分に課し、世界的なこの状況に対する身体的な応答として始めた作品。本展では瑞々しい透明感を湛えた大型のドローイング作品を展示する。

 崔在銀の《No Borders Exist in Nature》は、時間と露光によって淵が焼けた古い図鑑の1ページに、黒鉛で描いた詩のドローイング作品だ。時の堆積が刻み込まれている紙に、崔の活動の根底にある自然についての思索と共生、そして人間中心主義を反省する言葉が、細密に綴られている。

 志水児王は、音、光、振動といった物理世界を構成する微細な要素の特性を拡大し、それらが引き起こす物理現象を視覚的に再現するアーティストとして知られている。本展で紹介する《19:31.0 + 27°Cygnus 25th Nov 2007》は白鳥座が位置する方角の空を、昼間に撮影した作品。何も写っていないように見える静謐なモノクロ写真は、目に見えるものだけが存在しているわけではないと語りかけてくる。

 伊庭靖子の植物を描いた作品には、通常の視覚とは異なる感覚、「質感」の風景が展開されている。鑑賞者は作品を通し、視覚以外の感覚や自身の記憶が呼び起こされ、観る行為は視覚だけにとどまらない体験となると言える。

 展覧会のタイトルにある「Daylight」とは、日光や昼間という意味以外に、いままで不明だったことに対する理解や知識、また夜明け、日の目とも解釈される。ポストパンデミックにおいて、暮らしや社会のあり方が大きく変化していくなか、アーティストがそれぞれの眼差しで未来を示唆する作品は、自然や人間の存在についての思考をとらすきっかけとなるだろう。