AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ミュージアム コレクションⅢ

美術家たちの沿線物語 京王線・井の頭線篇

2023.12.02 - 2024.04.07

小堀四郎 笹塚風景 1922

 世田谷美術館で「ミュージアム コレクションⅢ 美術家たちの沿線物語 京王線・井の頭線篇」が開催されている。

 世田谷区内を走る鉄道と、その沿線ゆかりの美術家たちの創作と交流の足跡を辿るシリーズ。第3段となる本展では、1913年と33年に開通した京王線および井の頭線に焦点をあてる。

 世田谷区の北端を甲州街道に沿って東西に走る京王線(1913年笹塚~調布間開業)、そして渋谷から吉祥寺までつなぐ井の頭線(1933年渋谷~井の頭公園駅間開業)。この沿線にも、美術家たちをはじめ文学者、建築家など多くの文化人が住み、それぞれに交流をもちながら地域の独特な文化的土壌をはぐくんできた。

 京王線が開業する前の07年から千歳村に住み、晴耕雨読の生活を送った文豪・徳冨蘆花をはじめ京王線、井の頭線に関係のある文豪、画家、建築家、写真家、染色家、版画家、絵本作家、アニメーション作家など、多彩な分野の作家を紹介する。