• HOME
  • 展覧会
  • 大阪
  • タムラサトル「ワニがまわる理由(ワケ)は、聞かないでほしい」
EXHIBITIONS

タムラサトル「ワニがまわる理由(ワケ)は、聞かないでほしい」

キービジュアル

「ワニがまわる」(国立新美術館、東京、2022)での展示風景 撮影=金田幸三

「ワニがまわる」(国立新美術館、東京、2022)での展示風景 撮影=金田幸三

 TEZUKAYAMA GALLERYでは、タムラサトルの個展「ワニがまわる理由(ワケ)は、聞かないでほしい」が開催される。本展は東京のMAKI Gallery(表参道)との共同企画。

 今年6月に、国立新美術館(東京)で好評を得た「ワニがまわる タムラサトル」展が記憶に新しいタムラ。大阪および東京を会場に開催される今回の個展は、タムラが30年近くにわたり制作を続けてきた代表作「まわるワニ」シリーズに焦点を当てる。

 タムラのワニは電動の機械装置にも関わらず、作家自身の手で一つひとつ形成されている。そしてユニークな名前をつけることにより、作品は独特な温かみと個性を宿す。南堀江と表参道の2会場で並ぶのは、合計1000頭以上のワニたちだ。それぞれが回転し、彩りと動きの爆発が、鑑賞者を非現実的なダイナミズムで包み込む。

 本展「ワニがまわる理由(ワケ)は、聞かないでほしい」は、作品そのものの意味性・目的性を徹底的に排することをテーマに制作をしてきた、タムラの原点ともいえる「まわるワニ」の過去作から最新作までが一堂に会す好機となる。

 大阪会場の会期は9月16日~10月15日、東京会場は9月24日まで。作家は以下のステイトメントを出している。

「ワニがまわる理由は、聞かないでほしい。

大学3年の秋『電気を使った芸術装置』という課題がありました。電気に関する知識がなく未経験の分野だったため、かなり困惑しました。プラン発表の前夜、朝起きて最初に思い描いたものを作ると決めて就寝。翌朝、なぜか『ワニがまわる』という絵が浮かび、それを作ることにしました。それは、4.5メートルのワニが毎分30回転(1994年当時)する作品で、そのわけのわからなさに、自分で作ったにもかかわらず、何か得体の知れない物に出くわしたかのような、強烈な興奮を覚えました。この時、初めて作家になるということを強く意識しました。

その後、なぜ『ワニがまわる』のか、意味を考えながら、作り続けました。その結果『ワニがまわる』ことに意味があるのではなく、『よくわからないが、なぜかワニがまわっている』という不可思議なこの状況こそが、作品の面白さの本質であることに気づいたのです。『なぜ、ワニがまわるのか』という問いに、答えはありません。この大きな疑問を、そのまま疑問として持ち帰ってほしいと思っています(タムラサトル)」。