EXHIBITIONS

岡本太郎現代芸術賞受賞作家 新作特別展示

大西茅布「今日の神話」

2022.06.29 - 07.18

キービジュアル

 岡本太郎記念館では岡本太郎現代芸術賞受賞作家による特別展示を開催。現在開催中の企画展「赤と黒」にて、2020年度岡本太郎賞を受賞した大西茅布(おおにし・ちふ)の新作《今日の神話》を展示する。

 大西は2003年大阪府生まれ。現在、東京藝術大学油画専攻在学中。21年に、当時18歳で岡本太郎賞史上最年少受賞者となった。受賞作品はコロナ禍で制作された《レクイコロス》だ。タイトルは作家が「レクイエム」と「コロナウイルス」を組み合わせた造語で、複数の絵画を組み合わせたインスタレーションとして展開された。

 岡本太郎現代芸術賞(通称:TARO賞)は、岡本太郎の遺志を継ぎ、「時代を創造する者は誰か」を問うべく、岡本太郎記念館および川崎市岡本太郎美術館が主催する賞。今回の特別展示は、岡本太郎賞および岡本敏子賞の副賞として、同記念館での展示機会を与えられたことにより実現した。

 大西は今回発表する新作《今日の神話》で、「昼の絵」「夜の絵」を循環するライトモチーフとして《太陽の塔》を描いており、岡本太郎へのオマージュでもあるという。新進気鋭のアーティストと岡本太郎の対決を会場で体感したい。