×
NEWS / EXHIBITION - 2017.6.2

もう一度ミュシャに会える!
デザイナーとしてのミュシャにフォーカスした展覧会が開催

3月8日から東京・国立新美術館で開催されている「ミュシャ展」に、メセナ活動支援の一環として協賛していた伊藤忠商事が、「FEEL THE Mucha HEART 〜民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛〜」展を伊藤忠青山アートスクエアにて開催する。

サロン・デ・サンでのミュシャ展 1897 OZAWAコレクション

 アートを通じた「次世代育成」「地域貢献」「国内外の芸術や文化の振興」などを目的に、2012年に「伊藤忠青山アートスクエア」をオープンし、これまで様々な展覧会を行ってきた伊藤忠商事。今回は、協賛中の「ミュシャ展」(東京・国立新美術館)の開催記念として「FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~」を開催する。

 アルフォンス・ミュシャは19世紀末を代表する画家で、アール・ヌーヴォー様式のポスターは日本でも幅広い人気を誇っている。6月5日まで開催中の「ミュシャ展」(東京・国立新美術館)では大作《スラヴ叙事詩》全20点を中心に、ミュシャの作品が展示されていることでも大きな話題を呼んだ。

 本展では、商業ポスター等の作品を中心にデザイナーとしてのミュシャの活躍を紹介。ここでしか見られない国内個人コレクター所蔵品を含め、全館撮影可能という貴重な機会となっている。

 なお会期中は、フラワーデザイナーの長峰幸代を講師に、自分だけのミュシャ風アクセサリーが作れるワークショップや、「作品に隠された“HEART”を探せ!」等のイベントも開催予定。国立新美術館で50万人以上を魅了したミュシャの作品にもう一度会うチャンスだ。

information

FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~

会期:2017年6月2日~7月2日
会場:伊藤忠青山アートスクエア
住所:東京都港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1F
電話番号:03-5772-2913
開館時間:11:00〜19:00
休館日:会期中無休

event

ギャラリーツアー「“Mucha HEART”を知ろう」
日時:6月3日、4日 (各日 11:30〜、16:00〜)
会場:伊藤忠青山アートスクエア
案内人:尾形寿行(国内個人コレクター)
参加費:無料 (事前申込制)
ワークショップ「“Mucha Style”でフラワーアクセサリーを作ろう」
日時:6月18日・25日 (①13:00-14:00 学生対象 ②14:30-16:30 大人対象)
会場:伊藤忠青山アートスクエア
定員:①5名 ②8名 (事前申込制)
参加費:①2500円 ②4500円

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします