×
NEWS / EXHIBITION - 2017.2.23

液体の服、通信する服…… KYOTAROがドローイングで見せる「未来人の衣」 

DIESEL ART GALLEY(東京・渋谷)で、ドローイングを中心に活動するアーティスト、KYOTAROによる個展が開催される。「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」をテーマにした作品を発表。会期は2月24日〜5月18日。

新作のイメージ © KYOTARO

 KYOTAROは、絵画、マンガ、アニメーションなどを手がける女性アーティスト。神秘的な体験や日常生活で感じる様々な「気配」からインスピレーションを得て、ファンタジックな動物や神々が登場する異世界を、鉛筆の繊細なタッチで描き出す。国内外で展覧会に出品しているほか、国内では「シブカル祭」に参加、写真家・田附勝やファッションブランド「あちゃちゅむ」のデザイナー・しんやまさこらとコラボレーションも行うなど、幅広く活動している。

 7年ぶりの大型個展となる本展「Clad in the Universe—宇宙を纏う」のテーマは、「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」。液体や光でつくられた衣服、意識のやりとりや通信ができる衣服などを描いた、SF的な世界観を表現した作品を通じ、未来の生活や世界について考える企画となる。ドローイングを中心とした新作の大型作品13点と、ペイント作品を含む小作品約80点を展示。会場ではオリジナルグッズを販売するほか、会期中の4月28日にはサイン会も予定されている。

information

会期:2017年2月24日〜5月18日
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1階
電話番号:03-6427-5955
開館時間:11:30〜21:00
休館日:不定休
入場料:無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします