×
NEWS / HEADLINE - 2018.5.24

香取慎吾と若手アーティストが共演。帝国ホテルで「NAKAMA de ART」が開幕

アーティストとしての活動に注目が集まる香取慎吾が、13人の若手アーティストたちと共演する展覧会「NAKAMA de ART」が帝国ホテルプラザでスタートした。会期は6月24日まで。

香取慎吾 弱き強さ 2018

 開催前から注目を集めてきた展覧会「NAKAMA de ART」がついに開幕した。

 本展は、香取慎吾の若手アーティストとつながりたいという思いから実現したもの。展覧会には、タイの現代仏教美術(地獄を表すコンクリート彫刻)を再解釈したインスタレーションを見せる気鋭の若手作家・磯村暖をはじめ、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛の粘土彫刻を作品に組み込んだ吉田孝弥、目に見えない天気雨(狐の嫁入り雨)を表現した三宅律子など、13組が参加。

磯村暖 地獄の星 2018

 会場にはもちろん、香取慎吾の作品も展示されている。香取は《弱き強さ》と題した横長の作品を初公開したほか、展覧会タイトルと同名のコラージュ作品《NAKAMA de ART》や、テント状のインスタレーションを展示。このテントの中では、香取がこれまで手がけた作品をデジタルアーカイブとして閲覧することもできる。

香取慎吾 NAKAMA de ART 2018
参加アーティストたちによる床のペインティングにも注目
展示風景より三宅律子《狐》

 香取の作品と共鳴するような各アーティストたちの作品群。初の試みとなるこのコラボレーションには大きな注目が集まるだろう。なお、YouTubeには制作の舞台裏を映した映像がアップされているので、こちらもあわせてチェックしたい。

information

NAKAMA de ART

会期:2018年5月24日~6月24日
会場:帝国ホテルプラザ1階
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1
開館時間:11:00~19:00
問合わせ:0570-022771(NAKAMA de ART運営事務局)※受付時間は11:00~18:00 (5月24日から。土日祝を除く)
参加作家:香取慎吾、磯村暖、蔡瑩臻、サスペンスガール、菅原玄奨、三宅律子、山脇紘資、吉田孝弥、よねもとよね、HIDEYUKI KATSUMATA、HIROTTON、MIZUKI、skydiving_magazine、Yul

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします