AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.2.9

修復されたフェルメール《窓辺で手紙を読む女》が来日。東京都美術館で見る「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」

展示風景より、ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)(1657-59頃)

会場エントランス

展示風景より、右がヤン・ステーン《ハガルの追放》(1655〜57頃)

展示風景より、レンブラント・ファン・レイン《若きサスキアの肖像》(1633)

展示風景より、ウィレム・ドロスト《真珠の装飾品をつけた若い女》(1654頃)

展示風景より、左がフランス・ハルス《灰色の上着を着た男の肖像》(1633頃)

展示風景より、ホーファールト・フリンク《赤い外套を着たレンブラント》(1640頃)

展示風景より、へラルト・ダウ《老齢の教師》(1671)

展示風景より、フランス・ファン・ミーリス《画家のアトリエ》(1655〜1657頃)

展示風景より、へラルト・テル・ボルフ《手を洗う女》(1655〜56頃)

展示風景より、ハブリエル・メツー《レースを編む女》(1661〜64頃)

展示風景より、ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(1657-59頃)

展示風景より、ザビーネ・ベントフェルト《複製画:窓辺で手紙を読む女》(フェルメールの原画にもとづく)

展示風景より、《窓辺で手紙を読む女》修復のドキュメンタリー映像

展示風景より、ヤン・デ・へーム《花瓶と果物》(1670〜72頃)

展示風景より、ヨセフ・デ・ブライ《ニシンを称える静物》(1656)

展示風景より、ワルラン・ヴァイヤン《手紙、ペンナイフ、羽根ペンを留めた赤いリボンの状差し》(1658)

展示風景より、ヘリット・ベルクへイデ《アムステルダムのダム広場の眺望》(16700〜75頃)

展示風景より、エマニュエル・デ・ウィッテ《アムステルダムの旧教会内部》(1660〜70頃)

展示風景より、左からヤーコプ・ファン・ライスダール《城山の前の滝》、《牡鹿狩り》(ともに1665〜70頃)

展示風景より、ヤン・ステーン《ハガルの追放》(1655〜57頃)

展示風景より、エフベルト・ファン・デル・プール《農家の恋人たち》(1648)

展示風景より、右がアルバート・ヘンリー・ペイン《放蕩息子の譬えに扮するレンブラントとサスキアの肖像(レンブラントの原画に基づく)》(1848頃)

前へ
次へ
8 / 23
前へ
次へ
編集部