AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2020.3.19

京都市京セラ美術館がついに開館。こけら落としの「杉本博司 瑠璃の浄土」に注目

京都市京セラ美術館外観 撮影=来田猛

京都市京セラ美術館

新設されたスロープ状の「京セラスクエア」 撮影=来田猛

「京都の美術 250年の夢」展示風景より

「京都の美術 250年の夢」展示風景より

コレクションルーム展示風景

本館内部

本館内部

本館内部

本館内部

新館のエントランス

展示室入り口には小田原文化財団の幕がかかる

展示風景より、「光学硝子五輪塔」シリーズ (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、《光学硝子五輪塔 カリブ海、ジャマイカ》(2011/1980、小田原文化財団蔵)  (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、光学硝子の破片を集めた《瑠璃の箱(無色)》(2009-2020) (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、「OPTICKS」シリーズ (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、《OPTICKS 238》、《OPTICKS 158》、《OPTICKS 051》(いずれも2018)  (C)Hiroshi Sugimoto

新館へと続く廊下には杉本の新作《アイザック・ニュートン式スペクトル観測装置》(2020)が置かれ、実際に光のスペクトルを見ることができる (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、「仏の海」シリーズ(1905)と極楽寺鉄灯籠(1601)  (C)Hiroshi Sugimoto

展示風景より、中央が《仏の海(中尊)》(1995)  (C)Hiroshi Sugimoto

手前が《法勝寺 瓦》(平安時代) 小田原文化財団蔵

「宝物殿」の展示風景  (C)Hiroshi Sugimoto 

《護王神社模型:アプロプリエート・プロポーション》(2003、小田原文化財団蔵)と「海景」シリーズ (C)Hiroshi Sugimoto

硝子の茶室 聞鳥庵 2014   ペンタグラム財団蔵 Originally commissioned for LE STANZE DEL VERTO, Venice / Courtesy of Pentagram Stiftung & LE STANZE DEL VERTO. (C)Hiroshi Sugimoto

前へ
次へ
12 / 24
前へ
次へ
編集部