• HOME
  • MAGAZINE
  • NEWS
  • MARKET
  • 日本初。羽田空港で保税蔵置場を活用したアートオークションが…
2021.9.25

日本初。羽田空港で保税蔵置場を活用したアートオークションが開催へ

日本空港ビルデング株式会社とそのグループ会社である株式会社羽田未来総合研究所は、保税蔵置場を活用した日本初となるアートオークションを羽田空港で10月1日に開催する。

羽田空港第1ターミナル 提供=日本空港ビルデング
前へ
次へ

 日本空港ビルデング株式会社とそのグループ会社である株式会社羽田未来総合研究所は、保税蔵置場を活用した日本初となるアートオークションを羽田空港で10月1日に開催すると発表した。下見会は9月28日〜10月1日。

 保税蔵置場とは、関税法に規定する保税地域の一種。保税地域では外国貨物の積卸し、運搬、蔵置などの行為をすることができる。日本国外にある作品が日本のオークションへ出品される場合、従来は作品ごとに輸入通関時に課税されていたため出品数が限定的だった。しかしながら、この保税蔵置場を活用することで、関税等を留保した状態で海外からの出品が可能となり、より多くの取り引きが期待できる。

羽田空港第1ターミナル 提供=日本空港ビルデング

 今回のオークションは株式会社ニューアート・エストウェストオークションズが主催とするもので、 草間彌生や奈良美智など国内外を代表するアーティストの作品が出品されるという。

 日本空港ビルデングは、今回の機能を空港の持つ利便性に加えることで今後、アフターコロナを見据えて国際的なアートオークション等を誘致、開催することが可能になるとしており、日本国内におけるアー ト市場のさらなる拡大・活性化に貢献する考えを示している。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。