2021.10.20

エリック・カール絵本の世界観をテーマに。新しい体験型施設「PLAY! PARK ERIC CARLE」が二子玉川に誕生

世界的に愛される絵本作家であるエリック・カールの世界観をテーマにした、日本初となる新しい体験型施設「PLAY! PARK ERIC CARLE(プレイパーク エリック・カール)」が二子玉川の街に誕生する。カールのアートがあしらわれた9つのブースを行き来しながら、遊びや学びを通じて子供たちが成長できるようにデザインされている。オープンは11月12日。

「PLAY! PARK ERIC CARLE」のイメージ

 今年5月に逝去した、世界的に知られる絵本『はらぺこあおむし』の作家であるエリック・カール。その絵本の世界観に基づいてデザインされた、日本初のインドアプレイグラウンド施設「PLAY! PARK ERIC CARLE(プレイパーク エリック・カール)」が、11月12日に複合型商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」にオープンする。

 同施設は、子供も大人も楽しめる9つのブースと、オリジナル商品や知育玩具のセレクトショップ「Hungry Market」で構成。創造性、発見、遊び、自然などを大切に考えていたカールの思いに沿って、遊びや学びを通じて子供たちが成長できるように、様々な工夫が施されている。

 例えば、「ディスカバリーゾーン」は子供たちが大好きな虫や動物に出会い、発見する場所。ジャングル、夜の森、海の生き物など、カールが描いた虫や動物、昆虫標本などが登場する。

 「アスレチック」は、スウェーデンで約70年の歴史をもつヨーロッパ最大の公園メーカーHAGS社製の遊具によるアスレチックが設置されており、子供たちが自由に体を動かせる場所。「オートマタ&ザ・ルーブ」は、日本を代表するオートマタ作家の原田和明氏が手がけた、触って遊べるからくり人形やゲーム、絵本の物語を舞台にした、ボールを入れて遊ぶ巨大な装置「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」が楽しめるゾーンだ。

 そのほか、カールの世界観をテーマにした様々な種類のワークショップが体験できる「アトリエ」や、人気絵本『パパ、お月さまとって!』に登場するまん丸お月様を展示し、そのなかに実際に入ることができる「お月さま」、2歳未満児限定の部屋である「ベビーエリア」なども設置。ブースのなかには、ジュースやコーヒーなどフリードリンクのサービスもあり、ゆっくりとした時間を過ごしたい。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。