2021.2.2

黒瀬陽平とカオスラによるハラスメント被害者を支援する団体が設立。ウェブサイトで経緯や文書を公開

黒瀬陽平と合同会社カオスラによるハラスメント被害を受けた安西彩乃の民事訴訟、そして被害回復の支援を目的とする団体「Be with Ayano Anzai」が設立された。ウェブサイトでは、経緯や訴訟に関する文書が公開されている。

「Be with Ayano Anzai」ウェブサイトより

 黒瀬陽平によるセクシュアルハラスメントと、合同会社カオスラによる組織的パワーハラスメントの被害を受けた安西彩乃の支援を目的とする団体「Be with Ayano Anzai」が立ち上げられた。

 本件の発覚は2020年7月23日。株式会社ゲンロンが「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」の事業において、「重大な契約違反を確認」したとしてカオスラとの契約解除を発表。その翌日、カオスラはアシスタントスタッフへのパワーハラスメントがあったとして黒瀬の退任を発表、第三者による調査・報告を行うとしていた。

 8月1日、被害を受けた安西彩乃が「note」上でハラスメントの詳細について告発。その後の10月20日、カオスラは一転して、7月24日のプレスリリースにおけるハラスメントについての記載が「不正確」だったという声明を発表。安西を訴える旨を明らかにした。

 そしてカオスラは第三者による調査を行わないまま、安西を提訴。名誉毀損の被害を主張し、安西とnote株式会社に対して記事の削除を、安西に対して賠償金500万円の支払いを求めている。現在、安西は弁護士費用などをひとりで背負っている状況だ。

 「Be with Ayano Anzai」はこうした経緯を踏まえ、安西と対話を重ねながらサポートを行ってきた有志を中心に立ち上げ。未来の美術業界におけるハラスメント問題の抑止につなげ、また被害者が声を上げる際に参照できる共有知にしたい、という安西の思いから、裁判などの経緯をウェブサイト上で更新していくという。

 加えてウェブサイトではハラスメントの詳細な経緯や、安西の思い、訴訟に関する文書などを公開。また、民事訴訟や情報発信、被害回復にかかる費用の支援を募っている。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。