2020.9.4

ライゾマティクス展、東京都現代美術館で2021年3月開催へ。設立15周年の本格的個展

2006年の結成以来、人とテクノロジーの関係を探求してきたライゾマティクス。その設立15周年を契機とする個展が、東京都現代美術館で2021年3月20日〜6月20日に開催される。

ライゾマティクスリサーチのウェブサイトより

 東京都現代美術館で、ライゾマティクス展の開催が決定した。会期は2021年3月20日~6月20日。

 「Rhizomatiks(ライゾマティクス)」は2006年に結成。以来、広告や宣伝からメディア・アート作品、国内外のアーティストの大規模なライブ公演までを手がけ、つねに人とテクノロジーの関係を探求し続けてきた。

 世界的に活躍するビョーク、スクエアプッシャー、Perfume、狂言師・野村萬斎や研究者らとのコラボレーションに加え、多様な視覚化やスペキュラティブなプロジェクトを通して、技術と表現の新しい可能性を追求。斬新なインパクトを持つその時間・空間表現は、国際的に高い評価を得ている。

 本展は、ライゾマティクスの設立15周年を契機とする本格的な個展。オンライン上にもハイブリッドに展開する新作やアーカイブを通して、絶え間なく変化する世界と同期する、その卓越した試みを見ることができる。なお展覧会の詳細は、11月に発表予定となっている。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。