NEWS / HEADLINE - 2020.5.15

営業休止が続くArt Center Ongoingが再開後に使えるスタンプカードを販売。裏面は作家のオリジナルドローイング

東京・吉祥寺の芸術複合施設Art Center Ongoing。4月より営業を休止している同施設が、営業の休止や再開後の来客減少による経済的損失への支援を募る「Ongoing Stamp Card Drawing Project」を立ち上げた。

青木真莉子がドローイングしたスタンプカード、Art Center Ongoingウェブサイトより
前へ
次へ

 東京・吉祥寺の、ギャラリー、カフェ&バー、ライブラリー等を備える芸術複合施設「Art Center Ongoing」。新型コロナウイルスの影響で4月より営業を休止している同施設が、、営業の休止や再開後の来客減少による経済的損失への支援を募る「Ongoing Stamp Card Drawing Project」を立ち上げた。

淺井裕介がドローイングしたスタンプカード、Art Center Ongoingウェブサイトより

 同プロジェクトは、Art Center Ongoingが再開したときに5回のイベント参加と10杯のドリンク購入が可能なスタンプカードを1枚1万円で販売するもの。スタンプを押す面の裏側には、Art Center Ongoingゆかりのアーティストの1点もののドローイングが描かれており、希望者はウェブサイトからのメールで購入ができる。なお、作家を選ぶことはできない。

飯川雄大がドローイングしたスタンプカード、Art Center Ongoingウェブサイトより

 なお、Art Center Ongoingでは、新型コロナによる営業休止の対応として、オンラインでトークライブを配信する「オンゴーイング・スタジオ」も開設。第1回は「コロナ時代のパフォーマンス表現」をテーマに、5月16日19時よりArt Center Ongoingのyoutubeチャンネルで放送。登壇者として村田峰紀、小山友也、うらあやか、東野哲史、さらにベルリンから雨宮庸介が参加する。