NEWS / HEADLINE - 2020.2.18

45メートルのスクリーンで見る北斎、広重、宗達、光琳。大手町三井ホールで特別展が開催

2020年5月に開業するOtemachi One(大手町ワン)に誕生する「大手町三井ホール」で、4人の絵師たちの作品を高精細で見せる展覧会「巨大映像で迫る 北斎・広重・宗達・光琳 〜浮世絵と金屏風の世界〜」が開催される。

会場イメージ

 東京五輪が開催される2020年夏。これにあわせ、日本を代表する絵師たちの作品をデジタルで巨大かつ高精細に見せる展覧会「巨大映像で迫る 北斎・広重・宗達・光琳 〜浮世絵と金屏風の世界〜」が開催される。会期は7月17日〜8月31日。

 会場となるのは、5月に開業するOtemachi One(大手町ワン)内の「大手町三井ホール」。葛飾北斎の《冨嶽三十六景》や歌川広重の《東海道五十三次》、俵屋宗達の《風神雷神図屏風》や尾形光琳の《菊図屏風》など、日本美術の最高傑作と言われる作品の数々約50点を、巨大スクリーンで一挙公開する。

尾形光琳 菊図屏風(左隻) 原本収蔵=岡田美術館 画像提供=岡田美術館

 圧巻なのはその規模だ。作品は3面ワイドの45メートルスクリーンに高輝度4Kプロジェクター8台で投影。浮世絵ならば原作和紙の繊維一本一本まで、金屏風ならば金箔をはじめ、切箔、金砂子、金泥など、素材や表現の緻密な違いまでも見ることができるという。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》の部分 山梨県立美術館蔵 画像提供=(C)アルステクネ

 また、ワイド17メートルスクリーンのエリアでは、超高精細デジタル画像ならではの映像で作品のディテールを拡大表示し、解説とともに作品の魅力を紹介する。

 日本美術に触れたことがない人からファンまで、幅広い世代にアプローチする機会となりそうだ。