NEWS / HEADLINE - 2019.4.10

国内初。スタートバーンとSBIアートオークションが事業提携、オークション落札作品にブロックチェーン証明書を発行

スタートバーン株式会社とSBIアートオークション株式会社が事業連携を行い、ブロックチェーン技術を応用した美術作品に関する所有権の証明などの共同プロジェクトを行うことを明らかにした。美術品オークション市場の活性化を目指したこのサービスは、2019年4月のセールより順次スタートする。

startbahn.org 特設ページ

 アート×ブロックチェーンの新しいサービスを提供するスタートバーン株式会社と、現代美術に特化したオークションハウスとして知られるSBIアートオークション株式会社が事業提携を行うことを明らかにした。

 今回の共同プロジェクトでは、スタートバーンが運営するブロックチェーン証明書発行サービス「startbahn.org」内にSBIアートオークション主催のセール「Modern and Contemporary Art」と連動したコンテンツを展開。セールに出品される500点超・総額4.5億円の作品を紹介するとともに、落札者のうち希望者に、ブロックチェーンの証明書を付与する。

startbahn.org 特設ページ

 ブロックチェーン証明書には、タイトル、サイズ、技法といった作品情報のほか、所有履歴情報やオークションでの出品履歴(名前、価格など非公開にしたい情報の記載は不要)、修復履歴、著名美術館やギャラリーに展示された履歴といった様々な情報を記録できる。このことで、これらを第三者が改ざんすることが困難なため、アート作品の所有権や真贋の証明書が偽造されるリスクが飛躍的に低くなるという。

 また、信頼度の高い証明書として半永久的に次世代に引き継いで行くことができることや、これによってコレクターの贋作購入リスクは低くなり、万が一作品が盗難にあった場合も、ブロックチェーン上に記録された情報によって転売時に持ち主の相違が発見しやすくなるなどの利点が挙げられている。

ブロックチェーンネットワーク上への証明書情報記録(イメージ)

 スタートバーンが運営するブロックチェーン証明書発行サービスは、国内外の他のブロックチェーンネットワークとの互換性があるため、より美術品を安心して購入できる、あるいはブロックチェーン証明書自体が作品の価値を高めるといった展望も見込むことができるという。

 このブロックチェーンネットワークを利用することで、将来的にはアーティストへ著作権等の権利金の還元、作品の照会や管理などを容易にし、アート業界の発展に寄与することが目指されている。