NEWS / HEADLINE - 2019.4.5

吉岡徳仁《ガラスの茶室》が国立新美術館で特別公開決定。ガラスのベンチも展示

デザイナー・吉岡徳仁の代表作のひとつである《ガラスの茶室》が、東京・六本木の国立新美術館正面入口前で特別展示されることが発表された。展示期間は2019年4月17日〜2021年5月10日。

ガラスの茶室 - 光庵

 東京2020オリンピック 聖火リレートーチのデザインで注目を集めるデザイナー・吉岡徳仁。その代表作のひとつである《ガラスの茶室 - 光庵》が、東京・六本木の国立新美術館で約1年にわたって展示される。

 《ガラスの茶室 - 光庵》は、2011年の第54回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で発表され、15年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となった。今回の特別展示では、この《ガラスの茶室 - 光庵》を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情を楽しめる。また、パリ・オルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ《Water Block》も併せて展示される。 

展示風景