NEWS / HEADLINE - 2018.9.15

現存アーティストでは過去最高の予想落札額。ホックニー《芸術家の肖像画》が約90億円で落札か

イギリス現代美術の巨匠、デイヴィッド・ホックニーの代表作《芸術家の肖像画―プールと2人の人物―》が、11月15日のクリスティーズ・ニューヨークに登場。現存アーティストとしては過去最高額を更新することが予想されている。

デイヴィッド・ホックニー 芸術家の肖像画―プールと2人の人物― © Christie’s Images Limited 2018

デイヴィッド・ホックニー 芸術家の肖像画―プールと2人の人物― © Christie’s Images Limited 2018

 11月15日、現代イギリス美術を代表する巨匠、デイヴィッド・ホックニーの代表作である《芸術家の肖像画―プールと2人の人物―》がオークションハウス・クリスティーズニューヨークの戦後・現代美術セールに登場。推定価格は8000万ドル(約90億円)であり、現存アーティストとして過去最高額となることが予想されている。

 スイミングプールの輝く水と、2人の人物が描かれた作品などで知られるホックニー。そのなかでも「芸術家の肖像画」は作家を象徴する、もっとも有名な作品のひとつだ。同作を含めたホックニーの世界巡回回顧展は2017年から18年にわたって、テート・ブリテン、ポンピドゥー・センター、メトロポリタン美術館で開催され、大好評を博した。

 本作について、アレックス・ロッター(クリスティーズ、戦後の美術・コンテンポラリーアート部門チェアマン)は「理想的なプールサイドの光景、極めて複雑な人間関係の本質が堂々と描かれたキャンバスは、ホックニーのアーティストとしての輝きを存分に示しています」とコメントしている。

 2015年に現存アーティストの過去最高額を記録した、ジェフ・クーンズの《バルーン・ドッグ(オレンジ)》(約65億円)をはるかに上回る額で落札が予想されるホックニーの作品。今回どこまで数字を伸ばすのか、注目したい。