NEWS / EXHIBITION - 2017.12.18

館長・原俊夫による初のキュレーションで振り返る、原美術館の40年の歩み

原美術館では、2018年1月6日より、「現代美術に魅せられてー原俊夫による原美術館コレクション展」が開催される。前期は3月11日まで、後期は3月21日〜6月3日。

草間彌生 自己消滅 1980 ミクストメディア サイズ可変 © Yayoi Kusama (前期展示)

草間彌生 自己消滅 1980 ミクストメディア サイズ可変 © Yayoi Kusama (前期展示)

 原美術館は1979年に日本における現代美術館の草分けとして開館。創立者であり現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流の推進に取り組み、さまざまな展覧会を開催したほか、コレクション活動にも力を注いできた。

杉本博司 「仏の海」より 1995 ゼラチンシルバープリント 50.8×61.0cm © Hiroshi Sugimoto Courtesy of Gallery Koyanagi (前期・後期ともに出品)
奈良美智 Eve of Destruction 2006 キャンバスにアクリル絵の具 117.0×91.0cm © Yoshitomo Nara (後期展示)

 本展では、50年代以降の絵画や写真、インスタレーションといった約1000点のコレクションのなかから、原自身が選びキュレーションするという初の試みに挑戦。約40年にわたる原美術館の歴史の一端を、前期と後期に分けて紹介する。

蜷川実花 PLANT A TREE 2011 Cプリント 48.5×72.8cm  © mika ninagawa Courtesy of Tomio Koyama Gallery (後期展示)

 前期は、美術館開館前後の70年代後半から80年代前代までの初期収蔵作品を中心に、後期は企画展などをきっかけに購入した作品で構成。ジャクソン・ポロック、アンディ・ウォーホル、ジャン・デュビュッフェ、河原温、草間彌生、ナム・ジュン・パイク、荒木経惟、名和晃平、野口里佳、束芋など、さまざまな時代、ジャンルの作品を展覧する。

アドリアナ・ヴァレジョン スイミングプール 2005 キャンバスに油彩 110.0×140.0cm © Adriana Varejaõ (後期展示)