NEWS / EXHIBITION - 2017.10.22

町のシンボルを活かした大規模インスタレーションも。温泉の町・別府と西野達がコラボ

大分県別府市で行われる芸術祭「in BEPPU」の第2回目として「西野 達 in 別府」が開催される。会期は10月28日〜12月24日。

「西野 達 in 別府」ヴィジュアルイメージ

「西野 達 in 別府」ヴィジュアルイメージ

 「in BEPPU」は、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」に続く企画として2016年より始動した、別府市内各所を会場とする個展形式の芸術祭。国内外で活動するアーティスト1組による、地域性を活かしたアートプロジェクトだ。

西野達 ポートレート Photo by Maija Toivanen

 2回目の開催となる今回の招聘アーティストは、公共空間を用いた大がかりなインスタレーションを展開してきた西野達。近年では、マーライオンを建物で囲みホテル化させた《The Merlion Hotel》(シンガポールビエンナーレ2011)や、コロンブス像をリビングルームに変容させた《Discovering Columbus》(2012、ニューヨーク)で人々の話題を呼んだ。

西野達 The Merlion Hotel 内観 Photo by Yusuke Hattori
西野達 Discovering Columbus 外観 Photo by Tom Powel Imaging

 本展では、別府の観光開発に尽力した実業家・油屋熊八の像や別府タワーをはじめとした、別府のシンボルを活かした作品が設置される。

油屋ホテル 図面 © 混浴温泉世界実行委員会

 JR別府駅構内で配布されている会場マップを参考に、温泉観光地・別府ならではの「地獄めぐり」ならぬ「芸術めぐり」を楽しむことができる。

西野達 別府タワー地蔵 プランドローイング © 混浴温泉世界実行委員会