NEWS / EXHIBITION - 2017.6.29

パルコミュージアムで北斎展開催。世界中で愛されるその秘密に迫る!

没後約160年を経た現在も注目を集め続ける浮世絵師・葛飾北斎。「北斎漫画」や、フランス人画家アンリ・リヴィエールによる「エッフェル塔三十六景」を通し、北斎芸術の人気の秘密を探る展覧会が池袋のパルコミュージアムで開催される。会期は6月30日から7月17日まで。

葛飾北斎 冨獄三十六景 神奈川沖浪裏

葛飾北斎 冨獄三十六景 神奈川沖浪裏

 葛飾北斎(1760〜1849)は、広重、歌麿、写楽などと並び、江戸時代後期に活躍した浮世絵の巨匠。19世紀末にヨーロッパで広がった「ジャポニスム」と呼ばれる潮流に大きな影響を与えたことでも知られる。

 本展では、代表作である「冨嶽三十六景」や「東海道五十三次」などのシリーズものや、妖怪絵、戯画などの作品約50点を通し、北斎芸術の全貌を紹介する。

 また、海外で北斎が知られるきっかけとなった「北斎漫画」を展示するとともに、北斎の影響を強く受けたといわれるフランス人画家アンリ・リヴィエール(1864〜1951)が「冨嶽三十六景」にちなんで制作した「エッフェル塔三十六景」シリーズを紹介。北斎がなぜ世界中で高く評価されたのかを様々な角度から検証する。

アンリ・リヴィエール エッフェル塔三十六景 建造のエッフェル塔、トロカデロからの眺め