2021.10.27

昨年中止となった「ボストン美術館展 芸術×力」が新会期を発表。国宝級の日本美術が里帰り

昨年4月から東京都美術館での開催を予定しながらも、新型コロナウイルスの影響で中止となった「ボストン美術館展 芸術×力」。同展が新たな会期を2022年7月23日〜10月2日とすることが発表された。

増山雪斎 孔雀図(部分) 江戸時代、享和元年(1801) Museum of Fine Arts, Boston, Fenollosa-Weld Collection
前へ
次へ

 昨年4月から東京都美術館での開催を予定しながらも、新型コロナウイルスの影響により開催が中止された東京都美術館の「ボストン美術館展 芸術×力(げいじゅつとちから)」が、2022年7月23日〜10月2日を新たな会期として開催されることが発表された。同展は昨年4月から東京都美術館での開催を予定しながらも、新型コロナウイルスの影響で作品輸送の目処が立たず、開催中止が発表されていた。

アンソニー・ヴァン・ダイク メアリー王女、チャールズ1世の娘 1637頃 Museum of Fine Arts, Boston, Given in memory of Governor Alvan T. Fuller by the Fuller Foundation

 同展は、1870年、ボストン市民ら有志によって設立され、1876年に開館したボストン美術館のコレクションが来日するもの。ボストン美術館は古代エジプトから現代美術まで幅広い作品を収集し、そのコレクション点数は50万点近く、うち日本美術は約10万点におよぶ。今回は、エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本など様々な地域で生み出された約60点の作品が来日する予定だ。

吉備大臣入唐絵巻 平安時代後期−鎌倉時代初期、12世紀末 Museum of Fine Arts, Boston, William Sturgis Bigelow Collection, by exchange

 とくに日本美術では、「日本にあれば国宝」とも評される《吉備大臣入唐絵巻》や《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》が本展のために里帰りをし、2作品揃って展示。また、江戸時代に伊勢・長島藩の藩主だった増山雪斎の代表作《孔雀図》が本展のために修復され、日本で初公開される。

平治物語絵巻 三条殿夜討巻 鎌倉時代 13世紀後半 Museum of Fine Arts, Boston, Fenollosa-Weld Collection

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。