NEWS / EXHIBITION - 2019.8.20

細野晴臣のデビュー50周年を記念して。展覧会「細野観光1969-2019」が六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催

「はっぴいえんど」「YMO」のほか、作曲・プロデュースなど多岐にわたる音楽活動で知られる細野晴臣。そのデビュー50周年を記念した展覧会「細野観光1969-2019」が、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで開催される。会期は10月4日〜11月4日。

展覧会メインビジュアル

 音楽家・細野晴臣は、今年でデビュー50周年。これを記念した展覧会「細野観光1969-2019」が、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで開催される。

 細野は1947年生まれ。69年にバンド「エイプリル・フール」としてデビュー、70年に「はっぴいえんど」を結成。73年からソロ活動を開始し、78年に「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成。楽曲提供やレーベルの主宰者としても活動する。そしてYMO散開後はワールド・ミュージックやアンビエント・ミュージックを探求するほか、2005年頃からは自らヴォーカルを取るライブ活動などを行ってきた。

細野晴臣

 本展は「憧憬の音楽」「楽園の音楽」「東京の音楽」「彼岸の音楽」「記憶の音楽」という5つのセクションに加え、年代を追った壮大なビジュアル年表で構成。細野の50年にわたる活動の軌跡を「観光」するように巡ることができる。

 また細野の音楽家としての一面だけでなく、映画やアート・落語・漫画など多様な関心事も紹介。細野がそれぞれの時代における現象や文化とどのように関わり、どのような音楽や世界観を描いてきたのかを、楽器コレクションや音楽ノート、インタビュー集、ブックコレクションといった展示品から紐解く。

 戦後日本の音楽シーンに影響を与え続けてきた細野の世界を、東京の街を見渡しながら楽しむことのできる本展。多岐にわたるその活動と周辺文化を展観する、絶好の機会となるだろう。