NEWS / EXHIBITION - 2018.12.24

様々な角度からダリをたどる。諸橋近代美術館の開館20周年企画展をチェック

20世紀のパリで起こった思想運動「シュルレアリスム」と、その中心的存在であった画家、サルバドール・ダリに焦点を当てた展覧会「シュルレアリスムとダリ」(仮)が、福島県の諸橋近代美術館で開催される。本展は、同館の開館20周年企画展の第1弾。会期は2019年4月20日〜6月23日(予定)。

サルバドール・ダリ ビキニの3つのスフィンクス 1947 公益財団法人諸橋近代美術館蔵 © Salvador Dali, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR Tokyo, 2018 E3246

 2019年、開館20周年を迎える福島県の諸橋近代美術館。それを記念して、19年から20年にかけて3つの企画展が同館で開催される。

 磐梯会津高原に位置する同館は、シュルレアリスムを代表する画家、サルバドール・ダリの絵画・彫刻・版画などの作品約340点を所蔵する、世界屈指の所蔵数を誇る美術館だ。磐梯山を臨む美しい庭園に囲まれた空間のなかで、数々の名品を堪能することができる。

フランシス・ピカビア アンピトリテ 1935頃 広島県立美術館館蔵

 そんな同館の開館20周年企画展の第1弾となる「シュルレアリスムとダリ」展(仮)は、フランス・パリで起こった20世紀最大の思想運動「シュルレアリスム」に焦点を当てて展開されるもの。

 数々の名品とともにその発足を溯ることで、シュルレアリスムのあり様や当時の芸術家たちの実験的な制作技法を探り、また、サルバドール・ダリが当時いかなる存在であったのかを知ることができる。

ルネ・マグリット 人間嫌いたち 1942 広島県立美術館館蔵 ©︎ ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 E3246