AdvertisementAdvertisement
2018.5.5

過去もなければ未来もない。
ポジティブな「いま」を描く画家、
レン・ガンミンの個展が開催

中国の若手ペインター、冷广敏(レン・ガンミン)の個展が、東京・外苑前のMAHO KUBOTA GALLERYで開催。「涟漪」( 中国語で「さざ波」の意味)と題された今回の展覧会は、レンにとって中国国外での初個展となる。会期は2018年5月11日〜6月9日。

レン・ガンミン Peep 2018 © Leng Guangmin MAHO KUBOTA GALLERY
前へ
次へ

 レン・ガンミンは、1986年山東省青州市生まれのペインター。2009年に天津美術学院油絵学科を卒業後、12年に天津美術学院修士課程を修了。現在も北京を拠点に制作活動を続けている。

 レンの世代は中国の美術界で「ポスト80’s」と呼ばれ、その作風は、社会状況を直接的に反映するアプローチが目立たないものとされている。「ポスト80's」の絵画作品は、中国社会の文化や経済のダイナミックな変容をポジティブにとらえ、アカデミックな手法にとらわれない自由な表現で、パーソナルな主題を示唆する。

 レンは、キャンバスの表面に薄紙を貼った強固な支持体をつくり、アクリル絵具でモチーフを描き始める。さらにその後、鋭利なナイフなどで表面の一部を削り取り、描かれる物体のエッジは複雑さを帯びていく。彫刻的要素が強いレンの作風は、「ポスト80's」の例に漏れず、パワフルな新しさを予感させ、中国に限らず幅広いアートシーンで注目を集めてきた。

レン・ガンミン The King 2017 © Leng Guangmin MAHO KUBOTA GALLERY

 「ボリュームやエネルギー」「内と外の関係性」「空間のシフト」など、本来二次元では描くことができない事象をモチーフとして選び、表面を削って描線をつくっていくレンの絵画は、厳密な意味で作家自身のコントロールが100パーセントおよばない問題を漂流する。終わることなきアイデアの拡張が、観る者にユニークな洞察を与えるだろう。

レン・ガンミン The Queen 2017 © Leng Guangmin MAHO KUBOTA GALLERY