NEWS / EXHIBITION - 2018.3.8

春休みは美術館へ!
4つの美術館で学生無料ウィークが開催中

東京駅周辺の4つの美術館が、2018年3月3日〜18日の期間限定で学生の入館料が無料になる「学生無料ウィーク」を開催中。

オディロン・ルドン グラン・ブーケ(大きな花束) 1901

オディロン・ルドン グラン・ブーケ(大きな花束) 1901

 東京駅周辺の4つの美術館が、「日本美術から西洋美術、さらには建築まで、若い世代の方に、本物のアートに触れていただくための春休み特別企画」として2018年3月3日〜18日の期間限定で学生の入館料が無料になる「学生無料ウィーク」を開催中。

東京ステーションギャラリー「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」展示風景

 対象となるのは、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリーの4館。三菱一号館美術館では、19世紀後半からから20世紀初頭にかけてフランスで活躍した画家オディロン・ルドンの、植物をモチーフとした作品に焦点を当てた世界初の展覧会である「ルドン-秘密の花園」(2月8日~5月20日)が開催中。同館が所蔵する巨大パステル画《グラン・ブーケ》も見ることができる。また、東京ステーションギャラリーでは世界中で活躍する建築家・隈研吾の個展「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(3月3日~5月6日)が開かれている。この展覧会は隈研吾の仕事を10種類の物質から概観する展覧会といった注目の内容。そのほか、出光美術館では「色絵 Japan CUTE!」(1月12日〜3月25日)、三井記念美術館では「三井家のおひなさま 特集展示:三井家と能」(2月10日〜4月8日)が開催中だ。

三菱一号館美術館「ルドン-秘密の花園」展示風景

 なお、「学生無料ウィーク」期間中、各館開館日であれば、学生はいつでも無料で入館することができる。