NEWS / EXHIBITION - 2018.1.21

雨宮庸介が10年ぶりの日本での個展を開催。長年制作を続ける3つのシリーズで、物事の境界線を問い直す

彫刻やパフォーマンスを用いて、物事の境界線を問い直す作家、雨宮庸介の個展がSnow Contemporaryで開催される。会期は2018年2月7日〜3月10日。

参考図版 雨宮庸介 りんご(制作中) 木材に油彩(実物大)

参考図版 雨宮庸介 りんご(制作中) 木材に油彩(実物大)

 雨宮庸介は1975年茨城県生まれの作家、現在はベルリンを拠点に活動している。彫刻、映像インスタレーション、パフォーマンスなどの様々な手法を用いて、物事の境界線を問い直すような作品を制作、発表してきた。近年は「六本木クロッシング2010展;芸術は可能か?」(森美術館)、「国東半島芸術祭」(2014年)への参加など、国内外の個展やグループ展で活動を行っている。

 2008年以来、10年ぶりの日本での個展となる本展では、初期から長年制作を続けてきた「林檎の彫刻」「時間を扱った紙の作品」「木炭デッサン」の3つのシリーズの作品を構成し、展示する。

 また雨宮は、3月4日まで国立新美術館(六本木)で開催中の「未来を担う美術家たち20th DOMANI・明日展」にも参加。会期中は毎日、会場にて公開制作・公開練習を行う予定となっているので、こちらもあわせてチェックしたい。