NEWS / EXHIBITION - 2018.1.3

重層的な絵画の「内実」を紐解く。興梠優護の個展が開催

大阪・Yoshimi Artsで興梠優護の個展「Under the Skin」が開催される。会期は2018年1月27日〜2月18日。

展覧会イメージ

展覧会イメージ

 興梠優護(こうろぎ・ゆうご)は1982年熊本生まれの画家。人々が見落としがちな風景や現象をとらえ、作品に反映させてきた。

 本展では、2017年の成山画廊での個展「HIVE」で発表した作品に、新作を加えて展示。水彩、版画、ドローイング、点描、鉛筆画、写真、そしてその層の重なりとなる油彩でギャラリーの空間を構成し、絵画の構造を再構築する。

興梠優護 / xxx 2018 キャンバスに油彩 194×130.3cm

 興梠は、作品制作においてあらかじめ頭の中で作品のイメージや必要な手順を認識し、迷いなく描き、イメージ通りの作品をつくり出すという。その制作を構成する要素が並ぶ展示空間は、興梠の絵画制作を追体験させるものとなっている。「Under the Skin」は直訳すれば「肌の下」となり、慣用句としては「内実」「本心」を意味する。肌の下へ潜るように、層の重なる絵画を紐解くことで、鑑賞者に「内実」を覗き込むような感覚をもたらす。