2022.9.12

BTS・RM。アート界を軽やかに舞うポップスター

世界的な人気を誇る「BTS」。そのメンバーであるRM(キム・ナムジュン)の動向に、アート界からは熱い視線が注がれている。

文=橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長)

RM(キム・ナムジュン) ©getty images
前へ
次へ

 いまや世界を代表するアイドルグループとなったBTS。そのリーダーでラッパーのRM(キム・ナムジュン)に、アート界から熱い視線が注がれている。

 去る2020年、自身の誕生日である9月12日を記念し、絶版されて入手が困難な書籍などの制作を支援するために韓国の国立現代美術館(MMCA)に1億ウォン(約890万円)を寄付したRM。この行為が評価され、韓国のアーツ・カウンシル・コリアによって「アート・スポンサー・オブ・ザ・イヤー」に認定された。このときからすでにRMはアート界において“気になる存在”になっていたと言えるだろう。

 グループとしてもBTSのアート界における活躍は近年目立っており、2020年にはアントニー・ゴームリーをはじめとする22組のアーティストと世界5都市でアートプロジェクト「Connect, BTS」を実施したほか、ハンス・ウルリッヒ・オブリストが1993年に立ち上げた「do it」にも参加。今年に入ってからはGoogle Arts & Cultureとコラボレーションし、「BTS×ストリート ギャラリー」と題したオンラインコンテンツを公開した。ここでRMは、2021年に世界ツアーをスタートさせたソウルの南大門を舞台に、J.M.W.ターナーや、ジョルジュ・スーラなどの作品を紹介している。

BTS×ストリート ギャラリーより

 これまでも自身のSNSで度々、美術館やギャラリーを訪れている様子を公開するなど、アートに対する強い関心を見せてきたRM。最近はアートへの興味がこれまで以上に強くなっているように見える彼が、大きなインパクトをもらたしたのが「アート・バーゼル」ポッドキャストへの出演だった。