EXHIBITIONS

生誕150年記念

モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

2021.07.10 - 09.20

ピート・モンドリアン 大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション 1921 デン・ハーグ美術館蔵 Kunstmuseum Den Haag

ピート・モンドリアン 乳牛のいる牧草地 1902-05 デン・ハーグ美術館蔵 Kunstmuseum Den Haag

ピート・モンドリアン ドンブルグの教会塔 1911 デン・ハーグ美術館蔵 Kunstmuseum Den Haag

ピート・モンドリアン 色面の楕円コンポジション 2 1914 デン・ハーグ美術館蔵 Kunstmuseum Den Haag

ピート・モンドリアン 格子のコンポジション8-暗色のチェッカー盤コンポジション 1919 デン・ハーグ美術館蔵 Kunstmuseum Den Haag

ピート・モンドリアン コンポジションNo.1 1929 京都国立近代美術館蔵

 20世紀を代表する画家のひとり、ピート・モンドリアン(1872〜1944)。日本での23年ぶりとなる回顧展「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」が豊田市美術館に巡回する。

 モンドリアンの名とともに知られる垂直水平の線と、三原色、無彩色で描かれた「コンポジション」シリーズは、絵画史の転換点として画家の誕生から150年を迎える現在も重要であり続けている。

 現代では抽象絵画の先駆者として知られるモンドリアンだが、40代半ばから抽象的な作品を描き始める以前には多くの風景画を手がけており、オランダの風車や砂丘、教会や花の描き方には豊かなバリエーションが見られる。

 本展では、オランダのデン・ハーグ美術館所蔵品を中心に、モンドリアンの作品および関連資料68点を展示。初期の風景画、神智学やキュビスムを取り入れていく過程、そして「コンポジション」へと至った画家の軌跡を紹介する。

 あわせて、モンドリアンとともにグループ「デ・ステイル」の中心作家として活動したテオ・ファン・ドゥースブルフや、ヘリット・トーマス・リートフェルトら関連作家の作品展示を通して、同時代における抽象芸術の広がりにも注目する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。