EXHIBITIONS

佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在

2021.05.15 - 06.27

佐藤雅晴 東京尾行 2015-2016 個人蔵

 45歳の若さで惜しまれながら逝去したアーティスト・佐藤雅晴(1973〜2019)。その活動の全貌を紹介する展覧会「佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在」が大分県立美術館で開催される。

 大分県臼杵市に生まれた佐藤は、日常風景をビデオカメラで撮影した後、パソコン上でペンツールを用いて慎重にトレースする「ロトスコープ」技法でアニメーションや平面作品を制作。佐藤の作品には、見る者に、現前に映る事物の実在感とともに、不確かさや儚さなどを感じさせる独特の世界観がある。

 2009年には「第12回岡本太郎現代芸術賞」で特別賞を受賞。近年では、原美術館での個展「ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴-東京尾行」(東京、2016)のほか、シドニーでも個展「TOKYO TRACE 2」(2017)を開催するなど国内外で精力的に作品を発表し、高い評価を受けるなか、19年に早逝した。

 本展では、佐藤の代表作《Calling》《東京尾行》《福島尾行》などの映像作品をはじめ、フォトデジタルペインティングやアクリル画などを展示。私たちがどこかで感じ取っている、生の不確かさや儚さを映し出す作品の数々は、そこにある生の存在に希望や光輝く可能性があることを感じさせ、魅力を放っている。