EXHIBITIONS

Steps Ahead: Recent Acquisitions

新収蔵作品展示

2021.02.13 - 05.09

元永定正 無題 1965(昭和40) 石橋財団アーティゾン美術館蔵 © Motonaga Archive Research Institution Ltd.

エレイン・デ・クーニング 無題(闘牛) 1959 石橋財団アーティゾン美術館蔵 © Elaine de Kooning Trust

アンリ・マティス ジャッキー 1947 石橋財団アーティゾン美術館蔵

ジャン・メッツァンジェ 円卓の上の静物 1916 石橋財団アーティゾン美術館蔵

藤島武二 東洋振り 1924(大正13) 石橋財団アーティゾン美術館蔵

 アーティゾン美術館の近世〜現代美術のコレクションを一堂に紹介する「Steps Ahead: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」が開催される。

 株式会社ブリヂストンの創業者・石橋正二郎のコレクションを核とするアーティゾン美術館。近年、石橋財団は印象派や日本近代洋画など、従来の核となるコレクションを充実させるいっぽうで、抽象表現を中心とする20世紀初頭から現代までの美術、日本の近世美術など、コレクションの幅を広げている。

 本展は、アーティゾン美術館の開館以来、まだ披露されていないキュビスムの画家たち、アンリ・マティスのドローイング、マルセル・デュシャン、抽象表現主義の女性画家たち、さらに瀧口修造と「実験工房」、オーストラリアの現代絵画などの新収蔵作品約120点を含む、約250点で展示を構成。新しい美術館の開館とともに、さらなる発展を続けるコレクションの「いま」を見せる。

 主なセクションは、「藤島武二《東洋振り》とコレクションの名品」「田中信太郎と倉俣史朗」「デュシャンとニューヨーク・ダダ」「具体の絵画」「日本の抽象絵画」「芸術家の肖像写真コレクション-19-20 世紀フランス・安齊重男・トム・ハール」など。