EXHIBITIONS

コートールド美術館展 魅惑の印象派

2020.01.03 - 03.15

エドゥアール・マネ フォリー=ベルジェールのバー 1882 コートールド美術館蔵 ©︎ Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

エドガー・ドガ 舞台上の二人の踊り子 1874 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ピエール=オーギュスト・ルノワール 桟敷席 1874 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ポール・セザンヌ カード遊びをする人々 1892-96頃 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

ポール・ゴーガン ネヴァーモア 1897 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

フィンセント・ファン・ゴッホ 花咲く桃の木々 1889 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

クロード・モネ アンティーブ 1888 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ジャヌ・アヴリル、ムーラン・ルージュの入口にて 1892頃 コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery(The Samuel Courtauld Trust)

 ロンドンのコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂。フランス近代絵画の魅力を母国に伝えたいという、実業家サミュエル・コートールドの思いから集められたコレクションを核として1932年に設立され、また美術史や保存修復において世界有数の研究機関でもある。

 本展では、その研究機関としての側面にも注目し、画家の語った言葉や同時代の状況、制作の背景、科学調査により明らかになった制作の過程などを紹介しながら、同館のコレクションをを読み解いていく。

 出品作は、日本の風景のようだと語られたゴッホによるアルルの風景《花咲く桃の木々》、19世紀後半の近代都市パリの風俗を描いたルノワールの《桟敷席》、そしてマネの最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》など名品揃い。

 加えて、科学調査が作品の秘密を解き明かしたゴーガンの《ネヴァーモア》や、モディリアーニの《裸婦》などを、選りすぐりの絵画・彫刻作品約60点を展示する。