EXHIBITIONS

更級日記考―女性たちの、想像の部屋

市原湖畔美術館|04.05 - 07.14

小林エリカ Your Dear Kitty, 2 Diaries © Erika Kobayashi Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery

碓井ゆい empty names 撮影=ミヤギフトシ

鴻池朋子 物語るテーブルランナー

今日マチ子 センネン画報 © 今日マチ子

五所純子 ツンベルギアの揮発する夜

髙田安規子・政子 In the wardrobe © Akiko and Masako Takada 撮影=椎木静寧

光浦靖子 メイランド 撮影=ただ

矢内原美邦 パラレル

 古典日記文学『更級日記』に着想を得た、女性アーティストのグループ展が開催される。

 『更級日記』は、平安時代中期の日記文学。冒頭は、寛仁4(1020)年、著者の菅原孝標女が13歳のときから始まり、宮仕えや結婚を経て、夫との死別までの約40年の、女性の半生が歌とともに綴られている。とりわけ、源氏物語に強く憧れる少女時代の描写が特徴的で、現実世界の暮らしに一喜一憂しながらも、物語世界への夢を抱く世界観は、現代に生きる女性の共感を呼ぶとともに、「日記」のおもしろさを伝える。

 本展は、「日記的表現」を出発点に、アート、デザイン、 マンガ、お笑い、ダンスなど、多種多様な分野で活動する女性アーティストの表現を紹介。参加作家は、碓井ゆい、UMMMI.、大矢真梨子、今日マチ子、荒神明香、鴻池朋子、五所純子、小林エリカ、髙田安規子・政子、光浦靖子、矢内原美邦、渡邉良重の12組。

 手書きの日記、インスタレーション、映像作品、刺繍や手芸、写真など、それぞれの想像の部屋を覗き込むような展覧会となる。