EXHIBITIONS

ル・コルビュジエ - 絵と家具と

MA2 Gallery|03.28 - 05.17

「ル・コルビュジエ - 絵と家具と」より

「ル・コルビュジエ - 絵と家具と」より

「ル・コルビュジエ - 絵と家具と」より

 20世紀にもっとも影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画のパイオニアであり、想像の実験場として絵画にも取り組んだ。

 本展では、ル・コルビュジエを研究するエリック・ムーシェの協力のもと、日本初公開となるピュリスム絵画や、希少な版画作品を展示。また、パルのレストラン「Prunier」のために制作された皿や、ル・コルビュジエのドローイングが描かれた石といったプライベートなオブジェも並ぶ。

 また、フランス人デザイナーの家具などを専門に紹介する、Gallery SIGNが厳選した日本未発表の家具類を、ギャラリーの1〜4階を使って展開。ユニテ・ダビタシオンのステアケース、スイス学生会館のテーブル、ブラジル学生会館のシャワードア、これらに、ル・コルビュジエが気に入ったトーネットの椅子や製図台などが加わる。