EXHIBITIONS

印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション

名古屋市美術館|04.08 - 05.25

ピエール=オーギュスト・ルノワール シュザンヌ・アダン嬢の肖像 1887 吉野石膏コレクション

エドガー・ドガ 踊り子たち(ピンクと緑) 1894 吉野石膏コレクション

クロード・モネ ヴェトュイユ、サン=マルタン島からの眺め 1880 吉野石膏コレクション

フィンセント・ファン・ゴッホ 雪原で薪を運ぶ人々 1884 吉野石膏コレクション

ジャン=フランソワ・ミレー 群れを連れ帰る羊飼い 1860-65 吉野石膏コレクション

ポール・セザンヌ マルセイユ湾、レスタック近郊のサンタンリ村を望む 1877-79 吉野石膏コレクション

アンリ・マティス 静物、花とコーヒーカップ 1924 吉野石膏コレクション

モーリス・ユトリロ モンマルトルのミュレ通り 1911 吉野石膏コレクション

マリー・ローランサン 五人の奏者 1935 吉野石膏コレクション

 第一次世界大戦が終了した1910年代末、本格的に収集が始められた日本における西洋美術のコレクション。松方幸次郎、大原孫三郎、福島繁太郎らが基盤を築き、その後も日本人の西洋美術に対する情熱は衰えることなく、数々の優れたコレクションが形成され、現在にいたる。

 石膏建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社は、70年代から本格的に絵画の収集を開始し、2008年に吉野石膏美術振興財団を設立。そのコレクションには、ミレー、ドガ、ルノワール、ゴッホ、ピカソら巨匠たちによる名作が揃う。とりわけピサロ、モネ、シャガールの3人については、様式の変遷を把握できるほどの点数で、総じて質・量ともに充実した内容となっている。現在、その多くは創業の地にある、山形県の山形美術館に寄託され、市民に親しまれている。

 本展は吉野石膏コレクションが誇る西洋近代美術の傑作の数々をまとめて紹介する、中部地方初の展覧会。バルビゾン派から印象派を経て、その先のフォーヴィスムやキュビスム、さらにエコール・ド・パリまで、大きく揺れ動く西洋近代美術の歴史をめぐる、珠玉の72点が展示される。