EXHIBITIONS

太陽の芸術

ー岡本太郎のパブリックアートー

岡本太郎記念館|02.26 - 06.22

岡本太郎 動物 制作風景

岡本太郎 誇り

岡本太郎 太陽の鐘

 だれもが分け隔てなくアクセスできる公共の場所を多数手がけた岡本太郎。彫刻、壁画、レリーフ、記念碑、時計、広場、梵鐘、暖炉など、主なものだけでも数十点を超え、バリエーションも広範で、一般的なアートの概念からはみ出たものも少なくない。

 岡本芸術にとってなくてはならない存在である「パブリック・アート」。「芸術は一握りのスノッブや金持ちのものじゃない。様々な矛盾や困難と闘いながら毎日を生きる平凡な民衆のものであり、そうしたなんでもない暮らしの中でこそ生かされるべきなんだ」という芸術思想が太郎をパブリックアートに向かわせ、その根底には「芸術は民衆のもの」、そして「芸術とは太陽のようなもの」という信念があった。

 本展では、ゲストキュレーターに川崎市岡本太郎美術館の大杉浩司氏を迎え、「太陽の芸術」を考えていく。

 会期中には、第21回岡本太郎現代芸術賞で岡本太郎賞を受賞したさいあくななちゃんの新作を展示予定。