EXHIBITIONS

横浜市民ギャラリーコレクション展2019

昭和後期の現代美術―1964~1989―

吉仲太造 死の売り声(釘A) 1963

斎藤義重 ボウパンC・青 1971

菅木志雄 Spreading Wood '86 1986

 1989年の横浜美術館開館まで、市内の美術施設として中心的な役割を果たした横浜市民ギャラリー。約1300点の所蔵作品は横浜市民ギャラリーの開館以来、企画展や国際展に際して収蔵され、当時の横浜の美術シーンを反映したものが多く含まれる。また、1989年は昭和の最終年にあたることから、横浜市民ギャラリーの所蔵作品には「昭和」という時代背景が深く関わっている。

 平成最後のコレクション展となる本展では、開館年より開催されてきた現代美術を紹介する年次企画展「今日の作家展」の出品作家の作品を中心におよそ50点を展示。各時代背景を踏まえながら、横浜を舞台に発表された昭和後半期の表現を考察する。

 出品作家は、池田龍雄、一原有徳、稲木秀臣、岡田博、岡本太郎、加納光於、草間彌生、斎藤義重、佐藤努、島州一、菅木志雄、高松次郎、中林忠良、宮脇愛子、村上善男、元永定正、吉田克朗、吉仲太造、若江漢字ほか。