EXHIBITIONS

クリス・ヒュン・シンカン「陽のあたる日常」

クリス・ヒュン・シンカン Doodood, Balltsz, MuiMui and Joel 2018

 若干27歳ながら香港でもっとも注目される作家のひとり、クリス・ヒュン・シンカンの日本初個展が開催される。

 ヒュンは1991年香港生まれ。近年の展覧会に「Chris Huen Sin Kan」(Simon Lee Gallery、ニューヨーク、2018)、「Of Humdrum Moments」(Pilar Corrias、ロンドン、2017)、「Performing Time」(Leo Xu Projects、上海2016)など。作品の所蔵先に、Kadist Art Foundation(パリ、サンフランシスコ)、四方美術館(南京)などがある。

 これまで主に自身の家族や身のまわりの風景を描くことで、「見る」「認識する」という行為を通し、人がどのように物事を理解するのかに焦点を当ててきたヒュン。水墨画の影響を受けたその技法は抑えられた筆使いが特徴で、作家の記憶を頼りに描かれたモチーフはどこかおぼろげでありながら、独特の時間と空間のとらえ方を見て取ることができる。

 本展では、青や茶色、黒といった色で彩られ、一日の移ろいを複眼的に表したような新作を発表。描くという行為によって日常を作品化できることを示す作品群が並ぶ。