EXHIBITIONS

明治期における官立高等教育施設の群像

旧制の専門学校、大学、高等学校などの実像を建築資料からさぐる

第一高等中学校本館立面図 東京大学駒場博物館蔵

商船学校立面図 個人蔵

東京開成学校正面 東京大学駒場博物館蔵

ジョサイア・コンドルによる東京大学建物配置案 コンドル博士記念表彰会編『コンドル博士遺作集』 国立近現代建築資料館蔵

第五高等中学校正面中央 熊本大学五高記念館蔵

展示風景

 明治元年から数えて150年、そして国立近現代建築資料館の開館5周年の節目に開催される記念企画展では、近年盛んに議論される大学と高等教育に着目し、旧制の大学、専門学校、高等学校などの実像を建築資料から探る。
 
 本展では、東京大学をはじめとする日本各地の大学、専門学校や高等学校などの建築図面や模型、また実際に学生たちが使用した教材、関連する写真や書籍といった貴重な資料を一堂に展示。官立の教育施設が誕生した明治初頭から「大学令」が公布される大正7年まで高等教育の全体像を一望するとともに、各校が競い補完し合った相互関係を視覚的に紹介する。

 また、会期中には高等教育施設を主なテーマに、全5回のギャラリートークを行う。